2016年以降の主な活動につきましては、主に芸術教育デザイン室CONNECT/コネクトのHP、またはコネクトのFacebookをご覧ください。


 

2016年4月1日~17日 
アートラボはしもと開催 終了しました!

〇泥沼コミュニティ主催

「ホーム/アンド/アウェイ」 参加

4月3日トークイベント 「なぜ、都市郊外を歩くのか?」

        (有志メンバー×泥沼コミュニティ)

 〇関連展示
「はしもとの空耳~この音風景は内であり外である」

  参加有志メンバー

   西郷タケル、ササマユウコ、鈴木健介、山内健司

 


 ●シアター関連展示

・サウンドインスタレーション「はしもとの空耳
               ~この音風景は内であり外である」  ササマユウコ×西郷タケル

 

・ZINE「路上観察学会通信0号 橋本篇」
       制作 鈴木健介(編集・デザイン・執筆)
           山内健司、ササマユウコ(執筆)

 

・4月3日座談会 「なぜ都市郊外を歩くのか」レポート⇒

・全体をふり返って(ササマユウコ) ⇒


路上観察学会分科会×泥沼コミュニティ コラボ企画「みんなのまちの歩き方」@アートラボ橋本

この企画は終了しました。当日の様子はこちらをご覧ください→


アートラボはしもとを拠点に活動する女子美術大学大学院修了生アートグループ「泥沼コミュニティ」と路上観察学会が、公開でいっしょに橋本のまちを歩きます。橋本の「今」や「生活」に「考現学」として迫る、過去の忘れ物や時間の流れを「路上観察(トマソン探し)」として探す、「ききあるき」をしながら「サウンドスケープ(音風景)」を地図にする。メンバーそれぞれの「まちの歩き方をいっしょに楽しんでみませんか?

日時:2016年2月28日(日)  終了しました!

 路上観察 13:00~16:30(予定)

 発表会  17:00~18:00(予定) *発見したものや感想などを話し合います。

参加人数:10名(小学生は保護者同伴)

参加費: 1人につき100円(レクレーション保険代)

持ち物: スマートフォン(カメラ・音声録音)・スケッチブック・メモ帳など。 歩きやすい服装でご参加ください

講師:路上観察学会分科会メンバー

      鈴木健介(舞台美術家・漫画家)

      山内健司(俳優)、以上劇団青年団所属

      ササマユウコ(音楽家・芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト 代表)

お申し込み方法:

以下のアドレスに

① 氏名 ②参加人数 ③緊急時の連絡先をお送りください。

  メールアドレス:doronumacommunity *gmail.com  (*を@に変えてください)

主催:泥沼コミュニティ(アーティストグループ)

  萩原綾乃(女子美術大学助手)

  榎本浩子(同大学院洋画専攻修了生)

  沼下桂子(同大学院芸術表象領域修了生)

 

※その他、ご不明な点などがありましたら

泥沼コミュニティまで

doronumacommunity*gmail.com (*を@に変えてください)

または、

アートラボはしもと

☎:042(703)4654(9:00~17:00 水曜日休館)

までお問い合わせください。


2015年11月21日(土)まちの本屋さんで語ろう!路上観察学会発足1周年記念イベント。「’歩く’芸術活動のススメ。」をゆるりと開催します!

こちらでもご案内しています。

( 終了しました!当日レポはこちら→)
発足1周年記念イベント「’歩く’芸術活動のススメ。」
第1部 1年の「歩み」をふりかえって

第2部 〈公開座談会〉「ま、とりあえず一緒に歩こう!」
日時: 2015年11月21日(土) 19時~21時
場所:solid&liquid MACHIDA (町田マルイ6F ブックカフェ)

出演:鈴木健介(舞台美術家/漫画家)、山下健司(俳優)、松田弘子(俳優) 以上3名青年団
   ササマユウコ(芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト代表、音楽家)

司会:松島輝枝(BOWL 富士見店店長)

会場展示:今和次郎/吉田謙吉『モデルノロヂオ 考現学』(春陽堂1930)初版本ほか  資料提供:塩澤珠江

料金:800円 (ワンドリンク付き)

企画/コーディネイト 芸術教育デザイ鵜ン室CONNECT/コネクト     http://coconnect.jimdo.com/

定員:40名程度(事前予約申し込み/当日空きがあれば可)
主催:solid&liquid 町田   電話042-785-4951

【路上観察学会分科会とは】
2014年11月11日(マンホールの日)。同年10月26日に亡くなった赤瀬川原平氏が長年暮らした「町田」に縁のある

芸術家を中心に、南伸坊氏/林丈二氏、路上観察学会ご本家認可’勝手連’として発足した分科会です。この1年の「歩み」をふりかえりながら、「歩く」芸術活動について代表メンバーとともに公開座談会を開催します。今和次郎とともに路上観察学の元祖「考現学」を提唱した吉田謙吉氏(1897~1982)にも縁の深い町田。理られざる「路上観察者の聖地」での記念イベントです。
イラスト(C)2015 Kensuke  Suzuki


皆さんと一緒に歩く


写真【左】山内健司さん 【右】鈴木健介さん
写真【左】山内健司さん 【右】鈴木健介さん